JMA GROUP薬剤師求人サイト

月〜金 9:00〜17:30 土 9:00〜12:00
0120-54-1311
見学会お申込み

JMAグループの魅力JMAグループで自分らしく輝ける理由

POINT 1

経験高度急性期から在宅医療まで
総合的に経験

高度急性期から在宅医療まで総合的に経験

JMAグループでは、高度急性期から在宅まで各領域で薬剤師が関わり、
患者さんに医薬品を適切に使用していただけるよう努めています。
調剤業務では院内調剤を基本とし、患者さんへの情報提供を含め迅速な調剤を心がけています。
新人薬剤師にとっては広く薬物療法を学ぶ場にもなります。
病棟業務は、医師をはじめ多職種と協働し、処方設計から服薬指導まで、
全ての入院患者さんにかかわりを持って活動しています。
さらにICTやNSTなどのチーム活動にも認定薬剤師が積極的に関わり治療効果を高めることに貢献しています。
病院薬剤師ではなかなか機会のない在宅分野でも調剤薬局と連携し、
ご家族に対しても安心していただけるような取り組みを実施しています。

薬剤師の業務

調剤
注射調剤
注射剤混注(高カロリー輸液、抗がん剤)
製剤
医薬品管理
情報管理
病棟業務
医薬品安全管理
感染管理
その他チーム活動

薬剤科の特徴・取り組み

各施設の薬剤科は、調剤担当、
病棟担当、DI担当と大きく3つに分かれて
活動しています。

  • 調剤担当
    調剤担当
    薬剤部門の中央業務を全般的に担っています。調剤(処方・注射)、注射剤無菌調整、院内製剤、薬品管理が主な業務で、外来処方は全て院内調剤です。多くの診療科の処方に携わることで広く薬物療法を学ぶことができます。
  • 病棟担当
    病棟担当
    H29年4月現在、病棟薬剤業務として医薬品適正使用と医師等の負担軽減のため、一般病棟に病棟専任薬剤師を1名ずつ配置し実施しています。患者さんの入院時には必ず薬剤師が初回面談を行い、服用暦、アレルギー暦、副作用暦を確認し他職種へ情報提供しています。持参薬も全件薬剤師が確認し、医師への処方提案を実施しています。抗菌薬の投与量提案、医薬品情報提供、カンファレンスへの参加などを通じ、質の高い薬物療法を目指して支援しています。
  • DI担当
    DI担当
    医薬品情報の収集から配信までを、専任薬剤師が行なっています。病棟専任薬剤師の後方支援として、医師、看護師からの問い合わせにも対応しています。
    神奈川地区では関連病院のDI担当に向けても情報を発信し、情報管理を中央で支えています。

薬剤科の1日のスケジュール

ー 病棟担当の1日 ー

8:30前日の緊急入院患者の情報収集
9:00当日の退院時指導
9:30前日の緊急入院患者への初回面談
10:00病棟の向精神薬と麻薬の確認・補充
10:30入院患者の内服薬処方状況確認
11:00入院患者の服薬指導
11:30休憩
12:00
12:30外来・入院調剤監査
13:00
13:30入院患者の服薬指導
14:00
14:30当日緊急入院患者への初回指導
15:00入院患者の服薬指導
15:30内服・注射薬の相互作用確認
16:00
16:30指導記録入力
17:00
17:30

ー 調剤担当の1日 ー

8:30OPE室・救急外来・ICUなど院内の向精神薬などの定数確認・補充
9:00
9:30
10:00外来・入院調剤監査
10:30
11:00
11:30
12:00
12:30休憩
13:00
13:30入院患者の内服薬セット監査
14:00
14:30
15:00緊急入院の持参薬確認・入力
15:30
16:00注射監査
16:30
17:00
17:30予製・片付け

POINT 2

教育先輩薬剤師が業務ごとに
マンツーマンで丁寧に指導

新卒の方向け

教育プログラム

4月~6月
調剤業務全般の研修(計数調剤・散剤調剤・一包化調剤など)
7月~10月
予定入院患者さんの初回面談・内服注射の監査業務
11月~12月
当直業務
薬剤科では、皆さんが安心して薬剤師としての業務を行えるように、
個人の進捗にあわせた研修制度を導入しています。
得意な部分は早く研修を進め、不得意な部分はしっかりと理解が出来るまで、
先輩と一緒に考えて前に進むようにしています。
教育プログラムは研修の進捗次第で、その方に合わせたスケジュールを組みます。

既卒の方向け

中途入職の方には、それぞれのキャリアに合わせて、
内規を中心に各項目チェックシートを使用して丁寧に説明します。
  • ー 入職時の教育 ー

    調剤担当の業務全般
    計数調剤、散財、液剤、一包化、疑義照会、注射薬調剤、調剤監査、予定入院患者さんへの初回面談など15項目
    当直
    日曜勤務、当直業務
  • ー 入職後の研修 ー

    薬剤科勉強会(毎月)※法人内
    担当業務・専門分野についての発表、医薬品安全管理、感染管理、新たな採用医薬品などについて
    その他研修(随時)※外部
    日本薬剤師研修センター研修、日本病院薬剤師会研修、神奈川県病院薬剤師会研修、医療安全管理者研修会 等

JMAグループの認定資格

学会(認定機構)
認定資格
日本病院薬剤師会
感染制御認定薬剤師
日本臨床腫瘍薬学会
外来がん治療認定薬剤師
日本薬剤師研修センター
小児薬物療法認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構
糖尿病療法指導士
日本経静脈経腸栄養学会
栄養サポート(NST)専門療法士
日本薬剤師研修センター
研修認定薬剤師
神奈川糖尿病療養指導士認定機構
神奈川糖尿病療養指導士

ー 認定資格者VOICE ー

  • 外来がん治療認定薬剤師山田 裕介
    認定薬剤師として、がん化学療法の運用・レジメン作成・副作用対策など、抗がん剤に関すること全てに積極的に関わるようにしています。化学療法委員会では医師・看護師等との協働により院内でのがん化学療法における標準化・医療安全の確保・院内業務の効率化・適正な医療資源の利用に取り組んでいます。患者さんに安心・安全な抗がん剤治療を受けて頂けるように日々努力しています。

    外来がん治療認定薬剤師

  • 感染制御認定薬剤師倉重 靖子
    感染制御専門薬剤師は、ICT(感染コントロールチーム)とAST(抗菌薬適正使用支援チーム)の中心メンバーとして活動しています。ICTでは患者さんが適切な治療を受けるために必要な環境を提供することに貢献しています。また、ASTではTDMを通じて抗菌薬の効果的な使用について医師へ処方提案し、薬剤耐性菌の増加を抑える為にも貢献しています。

    感染制御認定薬剤師

  • 小児薬物療法認定薬剤師江藤 聡美
    認定を取得する時に、勉強したことや学会で得た知識は、服薬指導や疑義照会で役に立っていると感じます。小児抗菌薬適正使用支援加算が始まり、保護者への適切な情報提供が求められている中、小児医療に詳しい薬剤師の必要性は高いと考えます。未来ある子どもの健やかな成長に関われることもこの認定の魅力の一つです。

    小児薬物療法認定薬剤師

POINT 3

チーム医療医師・看護師・薬剤師など多職種が連携

JMAグループには、フレッシュマンフォローアップ研修という制度があります。
この研修では、全職種の新入職員があつまり、年間を通してグループワークを行います。
これからどんな医療者を目指すのか、チーム医療とは何かを語り合いながら
他の職種の考えや価値観を知ることができ、多くの発見があります。
また、入職後に感じていた悩みや不安を共有できる場があることで、
悩みを抱えているのは自分だけではないことがわかり、困難なことも皆と共に乗り越えることができます。
研修を終えた後には、日々の業務でもお互いに声を掛け合いながら、助け合い学びあう仲間がたくさんできています。

募集施設

  • 東埼玉総合病院

    東埼玉総合病院

    当院の薬剤科には薬剤師 常勤18名と非常勤1名、助手7名がいます。全病棟に薬剤師を配置し、病棟薬剤業務を実施しています。服薬指導は9割以上の患者さんに行い、薬物療法を安心してうけていただける体制をとっています。173床の病院なので、他職種との距離が近く、チーム医療が活発です。今後は神奈川エリアの薬剤科と合同・交換研修を予定しています。

  • 海老名総合病院

    海老名総合病院

    当院の薬剤科は、各病棟・治療室・化学療法室に常駐し薬剤師 常勤40名と非常勤2名、助手12名の大所帯です。て業務を行なっています。救命救急センターを備えた高度急性期を担う病院のため、がん・脳卒中・心疾患への専門性が求められます。若手職員が多いため、切磋琢磨しながら日夜患者さんと向かい合っています。

    新卒
    既卒
  • 海老名メディカルプラザ

    海老名メディカルプラザ

    大規模診療所内の薬剤科で、薬剤師 常勤14名と非常勤2名、助手10名です。当法人は院内調剤なので、多くの診療科の処方を幅広く見られ、若手薬剤師には薬物療法の基礎固めにもなります。残薬調整、ポリファーマシー対策も、医師との距離の近さを強みとして行なっています。在宅診療にも一部携わっています。

    既卒
  • 座間総合病院

    座間総合病院

    一般急性期から療養までケアミックスの病院で、薬剤師 常勤18名と非常勤1名、助手7名です。病棟機能によって薬剤師の関わり方は異なりますが、薬剤の安全使用に向けて活動しています。平成28年開設の新しい病院で、更なる医療の質向上のため多職種で連携しています。薬剤師も病棟での活動範囲を年々拡大しています。

    新卒
    既卒
  • 下田メディカルセンター

    下田メディカルセンター

    温暖で高齢化の進んだ地域の急性期医療を担う中核的病院で、薬剤師 常勤5名、助手3名です。人財も薬剤情報も神奈川・埼玉エリアと連携して活動しています。病院全体がアットホームな雰囲気なのは下田ならではであり、非常に働きやすい環境です。全ての薬剤業務を皆で補い合いながら行なうため、薬剤業務の全体を把握するにも良い施設です。

    新卒
    既卒
見学会のお申込みはこちら