座間総合病院

職員の声

座間総合病院
作業療法士

仕事とプライベートの両立がしやすい病院です

他県の病院で働いていましたが、地元へ戻ってくるのをきっかけに近隣の病院・施設を見学しました。いくつか見学した中で、自分の経験を活かせる環境であることや、働いている職員の和気あいあいとした雰囲気から、一緒に働きたいと思いJMAグループに入職しました。

平成28年4月に開設した当院では、回復期病棟を担当しています。回復期病棟では、自宅退院に向けリハビリテーションが主体となりますが、治療時間以外にも生活リハビリとして、歩行訓練等を看護師・介護職員が行っています。患者様がその人らしく生活していける方法を他職種と一緒に考えています。

仕事に集中して取り組むには、自身の生活が充実していることが重要だと考えています。
年次休暇の取得がしやすく、休みを利用して旅行やテーマパークではしゃいだり、家でのんびり過ごしたりと、好きなことをしてリフレッシュしています。

TOPへ戻る

icon_human icon_arrow_three icon_arrow_two icon_blank icon_comment icon_hospital icon_mic icon_pen icon_search icon_arrow