座間総合病院

職員の声

座間総合病院
言語聴覚士
廣田 雪絵

施設間を越えて協力体制が整っている職場です

近隣の同グループ施設である海老名総合病院の言語聴覚士とは密に連絡を取り合っており、双方の施設へ研修に行くことで、所属した施設以外の環境でも学べる機会が得られるのが魅力と考えます。研修を通じてそれぞれの役割を理解することができ、言語聴覚士としてのスキルアップを図れる環境が整っています。

急性期・回復期・療養とその時々で変化していく患者さんと触れ合うことができるので、より知識の広がりを感じながら、働いています。


病棟とリハビリスタッフが同じフロアで働いていることにより、常にお互いの顔が見える環境にあるので、スタッフの顔と名前を憶えやすく、気軽に声を掛け合える関係にあります。また、定期的にカンファレンスなどを開いて他職種が集まることにより、情報共有を行いながら、退院支援へと繋げています。


TOPへ戻る

icon_human icon_arrow_three icon_arrow_two icon_blank icon_comment icon_hospital icon_mic icon_pen icon_search icon_arrow