座間総合病院

職員の声

座間総合病院
薬剤師
大塚 友里恵

急性期・回復期・療養とさまざまな経験を積むことができます

地域医療に貢献することができる病院で自分の生まれた地域で医療に携わりたいと思っていました。また急性期や回復期・療養とさまざまな経験を積むことが可能なため薬剤師として経験を積むのに良い環境だと思いました。入職前にイメージしていた病院勤務は、1年目は内服薬や注射薬の調剤監査が主な業務となり、患者様との関わりは少ないと思っていました。しかし働き始めると薬局カウンターで投薬時の指導や入院している患者様の面談など患者様に接する機会が多いことに驚きました。また、直接患者様に接していなくても処方上から患者様の背景を考察する機会が多いことにも驚かされると同時に大きなやりがいを感じました。働き始めて早期段階から薬剤師としての知識を活かした患者様との関わりを経験することができ良かったと感じています。

他職種の職員と積極的に関わりをもって業務に取り組むことができるためここで働いて良かったと思います。患者様の薬剤の服薬方法などにつて薬学的知識を活かして病棟看護師と関わりを持つことができました。今後は、病棟担当薬剤師として一人立ちを目指しています。現在は、一人で病棟に常駐してはいませんので薬学的知識や業務経験を積み重ね一人で常駐できるように日々意識して取り組んでいます。業務経験として、他職種とコミュニケーションの中から得られること多く意識してコミュニケーションをとるようにしています。

休日は、ディズニーランドやアーティストのコンサート、旅行に行き気分転換をしています。職場の先輩や同期と食事に行く機会も多く、相武台前駅にあるイタリアンのお店がオススメです。

TOPへ戻る

icon_human icon_arrow_three icon_arrow_two icon_blank icon_comment icon_hospital icon_mic icon_pen icon_search