座間総合病院

外観、受付、室内

座間総合病院は、総合診療科を中心とした救急医療の機能、実績豊富な人工関節・リウマチセンター、充実した設備と専門セラピストによるリハビリテーションを特徴として、平成28年4月に開院しました。
神奈川県県央地域を一つの医療圏と考え、7㎞離れたJMAグループの海老名総合病院が高度急性期病院としてより重症度の高い患者さんを受け入れ、座間総合病院は高度急性期以外の患者さんを受け入れる一般急性期病院として、連携協力をしています。
その他、回復期、慢性期(療養)まで幅広い医療ニーズに対応します。

法人名 社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス
名称 座間総合病院
開設 平成28年4月
所在地 〒252-0011
神奈川県座間市相武台1-50-1 電話:046-251-1311(代表)
診療科目 総合診療科、一般内科、糖尿病内科、循環器内科、神経内科、漢方内科、小児科、外科、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科、脳神経外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、放射線科
センター 人工関節・リウマチセンター
病床数 352床
医療機器 一般撮影装置 間接変換FPD装置 「CALNEO Smart」 富士フィルムメディカル 4台
一般撮影装置 間接変換FPD装置 「CALNEO GL」 富士フィルムメディカル 1台
FPD搭載多目的デジタルX線TVシステム 「Ultimax-i」 東芝メディカルシステムズ 1台
CT(80列・マルチスライスCT装置) 「Aquilion PRIME」 東芝メディカルシステムズ 1台
MRI(超伝導磁気共鳴画像診断装置) 「Ingenia 1.5T」 フィリップエレクトロニクスジャパン 1台
X線骨密度測定装置 「PRODIGY Advance」 GEヘルスケア 1台
回診用X線撮影装置 「Mobile Art Evolution」 島津製作所 1台
外科用X線撮影装置(Cアーム) 「OEC Brivo Essential」 GEヘルスケア 1台
外科用X線撮影装置(Cアーム) 「SXG-1000A/SXT-6600A」 東芝メディカルシステムズ 1台
施設 鉄筋コンクリート造6階

TOPへ戻る

icon_human icon_arrow_three icon_arrow_two icon_blank icon_comment icon_hospital icon_mic icon_pen icon_search