海老名総合病院

職員の声

海老名総合病院
臨床工学技士
福地 陽平

地域医療に貢献できていると感じたときにやりがいを感じます

私は海老名で育ち、「いつかこの街に恩返しがしたい」と考えていました。私が学生のときにJMAグループは、地域医療に力を入れていると知り、その時から海老名総合病院で働きたいと思い始めました。患者様に「ありがとう」と言われたときや地域医療に貢献できていると感じたときにJMAグループに入職して良かったと思います。

初めて一人で当直をしたときに重症の患者さんが運ばれてきたのですが、治療を終えて一命を取り留めた際の安堵感と達成感を感じました。責任をもって緊急の対応ができたことが当時の自分にはとても嬉しく感じられ、今でもその時の感情を覚えています。

将来はスペシャリストではなく、何でもできるジェネラリストになりたいと考えています。今は様々なことを経験・体験させていただいており、勉強の毎日です。日々の努力を患者様の安心やスタッフからの信頼の増大につなげていけたらと考えています。海老名総合病院は、救命救急センターを開設したり、今後新棟が建つことなどより大きくなっていくことが予想されます。神奈川県央地区で中核の病院であることは間違えないと思います。働き甲斐を求めるなら、海老名総合病院は本当にうってつけの病院だと思います。

TOPへ戻る

icon_human icon_arrow_three icon_arrow_two icon_blank icon_comment icon_hospital icon_mic icon_pen icon_search