海老名総合病院

職員の声

海老名総合病院
臨床検査技師
吉岡 千瀬

多様なスキルを身につけ周囲から信頼される臨床検査技師を目指していきたい

病院見学をした際に、職場の雰囲気がよかったことや検体検査ではそれぞれ担当部門があるものの、その他の部門でも幅広く検査をこなす必要があると聞いて、臨床検査技師として多様なスキルを身につけられると思いました。また、自宅から通える距離にあるというのも海老名総合病院を選んだきっかけの1つです。実際に入職をしてみて、自分が想像していたよりも忙しい!と感じました。学生の頃病院実習で一度は臨床の場を体験していましたが、学生として業務にあたるのと職員として業務に携わるのとでは責任の重さも違いました。どうすれば迅速で、正確性のある結果を提供できるのかなど日々試行錯誤しながら業務に向き合っています。

患者様と直接接する機会は少ないですが、採血などで患者さんに「上手ですね」「痛くなかった」と言って頂けたときはとても嬉しいです。また、一年目のときよりも一人で任せてもらえる業務が増え、その業務をやり遂げたときなど自分の成長を実感できたときはとても達成感があります。今後は経験を積んで、より専門的な知識や技術を身につけていき、自身のスキル向上に努めたいと考えています。資格習得も視野にはありますが、まだまだ日々の業務で未熟な点も多いので、まずは日常の業務の質を上げることを目標として、周囲から信頼される臨床検査技師を目指していきたいです。

休日は家でのんびり寝ていることもあれば、買い物や遊びに出かけたりなどしています。疲れが溜まってきたなと思ったときは温泉に行くこともあります。海老名駅周辺は私もまだまだ開拓中ですが、かしわ台駅にあるスーパー銭湯は比較的近いのでオススメです。休日はとにかく自分の好きなことをして、仕事へのモチベーションにつなげています。

TOPへ戻る

icon_human icon_arrow_three icon_arrow_two icon_blank icon_comment icon_hospital icon_mic icon_pen icon_search