image image
scroll

scroll

JMAグループ概要

JMAグループ理念

仁愛の心で地域の皆様とともに

JMAグループとは

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(JMA)は、前身である「仁愛会」として「仁愛の精神」を元に、1973年9月、埼玉県北葛飾郡杉戸町に「東埼玉病院(現在の東埼玉総合病院)」、神奈川県海老名市に「海老名総合病院」を開院しました。以来一貫して地域に密着した保健・医療・福祉における総合的なヘルスケアサービスを提供しています。

関連法人である社会福祉法人ケアネット、医療法人社団静岡メディカルアライアンスと共に、埼玉県、神奈川県、静岡県にまたがり、切れ目のない医療・介護サービスのアライアンス(連携・協力)を実践しています。

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス

名称 社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス
開設 1973年9月
所在地 〒243-0433 神奈川県海老名市河原口1320
代表者 理事長 鄭 義弘
社会医療法人
について
社会医療法人とは、平成19年4月の医療法改正に伴い、
新たに施行された制度です。
救急医療やへき地医療など、地域に貢献し、かつ経営に対する透明性が高く、
公益的な基準を満たす医療法人に対し認定されます。
当法人では、救急医療に関する地域医療の貢献と実績が認められ、
平成21年に社会医療法人へと移行しました。
複数の都道府県にまたがる法人として、厚生労働大臣所管による全国初の認定です。

医療法人社団静岡メディカルアライアンス

名称 医療法人社団静岡メディカルアライアンス
開設 2006年12月
所在地 〒415-0012 静岡県下田市白浜1528-2
代表者 理事長 杉原 弘晃

社会福祉法人ケアネット

名称 社会福祉法人ケアネット
開設 2002年10月
所在地 〒243-0433 神奈川県海老名市河原口1383
代表者 理事長 森 康昭

JMAグループ沿革

1973(昭和48)年9月、「救急こそが医療の原点」という信念に志を共にした若き4人の医師が、埼玉県北葛飾群杉戸町に「東埼玉病院」(現・東埼玉総合病院)を開院。1983年9月には神奈川県海老名市に「海老名総合病院」、2012(平成24)年5月には静岡県下田市に「下田メディカルセンター」、2016年4月、神奈川県座間市に「座間総合病院」を開院しました。高齢社会のピークを迎える2025年に向けて、地域と共に医療と介護の全職種が関わる「地域包括ケアシステムに資する法人グループ」を目指してゆきます。

  • 1973.9
    「医療法人社団仁愛会」設立
    「東埼玉病院」開院
    image
  • 1995.4
    「海老名厚生病院」開院
  • 2003.7
    「医療法人社団仁愛会」を
    「医療法人社団
    ジャパンメディカルアライアンス」に
    名称変更
  • 2005.2
    「海老名メディカルプラザ」開院、
    外来診療は「海老名メディカルプラザ」、
    急性期医療は
    「海老名総合病院」に機能を集約
    image
  • 2012.5
    「東埼玉総合病院」新築移転
    「下田メディカルセンター」開院
    「下田メディカルセンター附属
    みなとクリニック」開院
    image
  • 2016.4
    「座間総合病院」開院
    「海老名総合病院附属
    メディカルサポートセンター」を
    「海老名メディカルサポートクリニック」に
    名称変更及び機能再編
    image
  • 1983.9
    「海老名総合病院」開院
    image
  • 2002.10
    関連法人「社会福祉法人ケアネット」設立
  • 2004.3
    国税庁長官の承認を受け、
    「特定医療法人
    ジャパンメディカルアライアンス」へ移行
  • 2009.4
    複数の都道府県にまたがる
    社会医療法人として
    全国で初めて
    厚生労働大臣の認定を受け、
    「社会医療法人
    ジャパンメディカルアライアンス」へ移行
  • 2015.4
    「海老名ケアサポートセンター」開設
  • 2017.4
    「海老名総合病院」、神奈川県県央医療圏で
    初めての救命救急センター設置
    image

JMAグループの成長

2012年と2016年実績を比較