scroll

scroll

海老名総合病院 外科

海老名総合病院の外科は、年々手術件数の実績を伸ばし、緊急手術も数多く手がけています。そんな同科の魅力とは?3人の外科医に、仕事のやりがいやチームワーク、ワークライフバランスなどについて語ってもらいました。

image image

―海老名総合病院に入職したきっかけをお聞かせください。

image image
萩原 私は山梨大学の出身で、結婚後は単身赴任が長かったのですが、子どもが小学校に上がったことを機に、家族で一緒に住める道を模索していました。そんな折、海老名総合病院の麻酔科医が妻の友人で、外科に募集があると紹介してくださったんです。実際に見学してみると、前任の部長がとてもいい先生で、そのお人柄に惹かれて、ここにお世話になることを決めました。
宮前 私は日本大学を卒業した後、地元の名古屋に戻り、名古屋大学の外科に入局しました。もともと臨床一筋でいたいという想いが強かったのですが、大学だとなかなかそうもいきません。医局人事でいろいろな病院を回るうちに家族ができ、単身赴任も経験しました。ある時、大学から一度臨床を離れて戻って来るように言われ、そのとおりにしたものの、やはり臨床に携わっていたいという思いが強くなって……。大学を離れることに決めました。臨床がやりたくて大学を辞めるからには、「症例数が多いところ」を条件に病院を探し、条件に合致したのが海老名総合病院でした。
私は初期研修、後期研修を千葉県の市中病院で終えた後、大学に所属するかどうか悩みました。自分としてはまだ臨床に携わりたかったので、救命救急センターや手術症例数の多い病院に絞って、紹介会社経由で探すことにしました。関東圏だけでなく、全国を視野に探したのですが、納得できる病院はなかなか見つかりませんでした。そんな時、自分の理想に近い海老名総合病院を紹介してもらい、入職することにしました。

―外科の魅力、または海老名総合病院の外科の魅力は何でしょうか?

萩原 かつて外科は花形といわれたように、自分の手で直接患者さんを治していく、そのストレートさが私にとっては最大の魅力です。当院の外科の魅力は、何といっても幅広い症例を経験できることでしょう。多種多様な手術が行われており、外科医として幅広い技術を学ぶことができます。手術症例は年間約690件と多く、とことん実臨床に携われる環境です。一方で、今や自分の生活を犠牲にしても構わないという人が外科医になる時代ではないので、部長として、プライベートの時間もしっかり取ってもらえるように心がけています。
宮前 祖父が手塚治虫さんの漫画の編集長だった縁で、自宅に手塚さんが遊びに来られたことがありました。その影響もあり、小さい頃から『ブラックジャック』が大好きで、私は外科医になるために医学部に入ったんです。外科の魅力は自分が行う治療によって、他の科よりも患者さんの経過がダイナミックに変わること。腕を磨けば磨くほど、治療結果が良好で、治りも早くなるので、非常にやりがいがあります。当院の外科は、自己研鑽によってさらなる高みをめざせる環境であることが大きな魅力ですね。
私はもともと、体全体を診ることができる総合内科医志望でした。外科医が減少している時代に、あえて外科を選んだ理由は、卒後研修でいろいろな科をローテーションするうちに、手術をするだけが外科医の仕事ではないとわかったからです。内科的な管理もできる上に、手術でダイナミックに治すこともできる。緊急手術が入っても「やりましょう」と、みんなが同じ方向で仕事に取り組む姿勢に憧れ、自分もそうなりたいと思いました。当院は緊急手術も多いのですが、現場はまさに「さあ、やるぞ!」という熱気あふれる雰囲気になります。外科医が手術だけに集中できるように、看護師やコメディカルスタッフが配慮してくれるのもこの病院の特徴です。

―チームワークについてはいかがですか?

image image
萩原 すごくいいと思いますよ。大学の医局の縛りがない分、全員が「海老名総合病院の外科医」という意識で働いています。ここに来る人はみんな「臨床がやりたい」「自分の腕を磨きたい」という同じ志を持つ外科医ばかり。医局の垣根を越えて、みんなで協力しようという人たちなので、非常に働きやすいです。しかも、忙しいのは承知の上で患者さんを積極的に受け入れ、頑張ってくれています。部長としてはうれしい限りです。
宮前 部長がおっしゃるように、同志の集まりなので、お互いを信頼し、協力することができます。自分が動けないときは誰にでも頼めますし、「俺も大変だけど、あいつだって大変だから、ここは俺が診よう」と思えるのです。そんなふうに支え合える仲間の集まりであることが、ここの外科の一番いいところだと思います。
私は先輩方に比べて経験値は低いのですが、変な上下関係はなく、責任感をもって手術をさせてもらえることがありがたいですね。手術を任せてもらうからにはもちろん勉強が必要ですが、しっかり準備をしていれば、年齢や経験にかかわらず、自分の意見にも耳を傾けてもらえます。ですので、「やらされている」という感覚は一切ありません。自由にモノが言えて、お互いを尊重しながら仕事ができるのは先輩方のおかげだと思っています。
萩原 当院の外科はみんなマイルドな性格なんです(笑)。自主性を大事に、チームで協力しながら、できる限り若い先生にも実践の機会を与えるようにしています。

―今後、キャリアを築く上での目標はありますか?

萩原 現在、当院から同じJMAグループの座間総合病院に外科医2人が出向しており、今後は2つの病院が力を合わせて、海老名、座間、綾瀬、厚木、相模原といった広範囲の患者さんを診ていきたいと思っています。その調整役を担い、「何かあったときは私が責任を取るから、頑張ってやりなさい」という姿勢でいたいと思っています。
宮前 今は主に腹腔鏡手術を担当しています。さらに研鑽を積み、腹腔鏡技術認定医の資格を取ることが目標です。認定医を取得した後は、後輩の技術指導にも力を入れていきたいですね。
まずは標準的な手術を問題なくできるようになること。さらには長時間に及ぶ手術や腹腔鏡手術、高難度の手術の経験を増やしていきたいです。今まで大学に所属しないできた分、臨床ではそう簡単には負けられません(笑)。緊迫した手術にも対応できるように、経験を積む覚悟で頑張っていきたいと思います。その先にどのような景色が見えるのか、今から楽しみです。

―こちらの外科では、どのような方が活躍できると思われますか?

image image
萩原 当院の外科は全員がマイルドな性格であること、同じ方向性でやっていることが大きな特徴ですので、一番は人間性のいい方。あとうちは症例数が多い上に、救命救急センターがあるため、緊急手術も多いです。多い月は緊急手術が45%を超える場合もあります。そういう意味では、臨床にどっぷり浸かれる人でないと厳しいかもしれません。逆に、臨床や手術の経験を積みたい人にとっては、非常に価値のある職場だと思います。
宮前 手術がうまい人に来てほしいわけではありません。とにかくやる気がある人ならウェルカムです。症例数が多いので実践を積むことができますし、私たちもしっかり指導をします。あとはやはり人間性ですね。周囲とうまく歩調を合わせられることができる方に、ぜひ来ていただきたいです。
手術が好きな人、症例を積みたい人にお勧めです。言いたいことを言い合って、理解し合える環境ですから、忙しくてもやりがいがあります。しかも、忙しい割には、病院全体として医師の働き方もしっかり意識してくれていて、当直明けは基本的に半休が取れます。僕は、完全にオフの日はゴルフに行ってリフレッシュしたり、勉強したりしています。
宮前 僕も休みの日は家族と出かけたり、手術の勉強をしたり、自分のための時間を確保できています。

―外科に興味をお持ちの先生に向けてメッセージをお願いします。

image image
萩原 臨床をやりたい方にとっては十分なメリットがあり、とても働きやすい病院です。大学の派閥に疲れてしまった方にとっても、ストレスなく働いてもらえると思います。やる気があって、外科の修練を積みたい方は、ぜひ一緒に頑張りましょう。
宮前 やる気さえあれば、いつでも歓迎します。穏やかで優しい人ばかりで、非常に風通しが良い現場です。ぜひ飛び込んできてもらって、「みんなで協力し合って働ける職場っていいな」って思ってもらえたらいいですね。
一緒に楽しく手術や臨床ができる人であれば、年上でも年下で大歓迎です。信頼できる方々と、いい仕事をしていければと思います。

取材日:2018年11月

インタビュー 一覧に戻る