下田メディカルセンター

豊かな自然に恵まれた南国の地で、
地域完結型の医療を。
scroll

scroll

病院長メッセージ

Kazuyuki Ito

下田の医療の
“センター(中心)”として

下田メディカルセンターは、伊豆半島南部の二次医療圏(賀茂医療圏)で、中心的な役割を果たす公立病院です。

大き過ぎず、小さ過ぎず、ちょうどいい規模の病院なので、職員同士の顔と名前が一致するアットホームな環境です。一方で、ハイスペックな医療機器が揃っているため、高度な診療や手術にも対応できる環境が整っています。

今後の病院運営は、何をやりたいかではなく、地域で何が求められているかが重要になってくると考えています。5年後、10年後、この地域はさらに高齢化が進み、医療機関も少なくなっていきます。当院への期待や要望は、さらに高まってくることでしょう。その時、下田メディカルセンターが名実共に、下田の医療の“センター(中心)”として、機能しなくてはなりません。地元の人に頼られる病院で働けることを、誇りに感じて欲しいと思います。

下田は温暖できれいな海があり、温泉があり、美味しい食べ物があるという、生活するには最高の地です。都心から通勤している医師も数多くいます。“やりがい”や“手ごたえ”をダイレクトに感じることができるこの地で、ぜひ一緒に働きましょう。

menuに戻る menuに戻る
image

施設概要

名称 医療法人社団静岡メディカルアライアンス 下田メディカルセンター
病院URL http://shimoda.s-m-a.or.jp/
開設 平成24年5月
所在地 静岡県下田市6-4-10
診療科目 内科、消化器内科、循環器内科、外科、整形外科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科、脳神経外科、泌尿器科、リハビリテーション科、麻酔科
病床数 142床 一般101床(地域包括ケア16床)、回復期リハビリテーション37床、感染4床
医療機器 X線CT装置(64列)、MRI装置(1.5T)、骨密度検査装置、血管造影装置、マンモグラフィー装置、内視鏡検査装置 等
手術室 3室
施設基準 下田メディカルセンター 病院サイトへ
image
menuに戻る